ネズミ退治をする前の注意点

subpage-img

ネズミが住宅地などで出没すると、自宅に侵入してくる可能性もでてきます。

外壁の老朽化、また、通気孔や屋根裏、その他にも、ちょっとした亀裂や隙間などをかじり、穴を広げてそこから侵入してくる場合もあるでしょう。

産経ニュースについて知りたいならこちらです。

自宅への侵入経路ができてしまい、また、屋根裏などに潜むようになると、夜、寝静まった時間帯などに室内などに侵入し、食べ物や家電、家具などをかじり被害がでてしまうこともあります。


また、住み着いてしまうことで、かなりの被害もでますが、そのほかの住宅などに移動することもあります。定期的に周回してくるような場合には、自宅への侵入経路を塞ぐことで退治にはなりませんが予防策にはなるでしょう。

侵入してくる穴などがある場合には、しっかりと対策をして塞いでしまうといいでしょう。

また、自宅内で被害が出る場合、また、住み着いてしまった場合には、退治の前に、エサとなりそうな食べ物などはかじられないように、しまったり、物なども極力床から離れた位置に移動させたりすることである程度対策をしましょう。



衣類などもその辺に散らかしておかずに、たんすの中にしまうことでかじられることも、また、布などは住みかを居心地よくするためにネズミが持っていくこともあります。

そのようなことにならないように、室内は常にきれいに片付けておくことで、ねずみの隠れ場所をなくし、また衛生的できれいな状態を保つことも大切です。



ネズミ退治をする前には、しっかりと片付けをしておくことで、ねずみが発見しやすいようにしておくことが大切です。

top